2度めのポーランド〜ヤノフ村での織物修行と買付け旅〜 Vol.12“ワルシャワ旧市街へ”  –旅の終わりに–

LINEで送る
Pocket

2019.10.8
帰国日ですが、空港には夕方に到着しておけばよいので、
ワルシャワの旧市街にも少し行ってみることに。

まずは朝食から。この日は時間があったので、たっぷりいただきました(^^)

お世話になったトラムも乗り納めかー。。。

トラムのチケット、近くに券売機が無ければ車内でも買えるんだけど
値段が違うのが解せない。。。
近くに券売機さえあれば。。。と思うちっぽけな私。

パリでもよく見かけたシェアキックボード。
ポーランドにもありました。

いくらシェアで乗り捨て自由でも、階段の途中で乗り捨てはいけませんよー!

旧市街の景色いろいろ

郵便局を発見!

ポーランドから自分へのポストカード。
これがね、びっくりするぐらい時間がかかりました。約1ヶ月後ですよ。。JAPANって書かなかったのか?とか心配したけど、忘れた頃に届きました。

旅の終わりはピエロギ食べようと思っていたので、こちらに。

食事用のお肉や野菜が入ったのもあるけど、甘〜いデザート系に。

帰国前日になって咳と鼻水が止まらなくなってしまい、このまま飛行機に乗るのはどうよ?と、薬局で薬を処方してもらうことに。

この薬局、なかなか歴史がある店みたいで内装も素敵でした。

旧市街近くからトラムでホテルへ

ホテルの隣にスーパーがあったので、自宅へのお土産はこちらで。

空港まではUberで。
東京でタクシーに乗ることって、大雨の日に最寄り駅から自宅までぐらいで
Uberのお世話になったことはないので海外で初Uber。

ワルシャワ・ショパン空港。
帰国日は、空いてました。

空港で、うさビーと労いの時間(^^)

帰りもイスタンブール経由で

イスタンブールに到着したら、乗継ぎ便のゲートをチェック

トルコでハーブティーとターキッシュな甘〜いお菓子。
(甘いの食べ過ぎ注意!)

イスタンブールから成田へ

成田に無事到着。
いろいろ困った時に海外の見ず知らずの方に助けていただいたので、
自分も何かできることがあったらお手伝いしようと心に誓う。

エアポートリムジンに乗って、ホッとすると旅のイロイロが走馬灯のように
頭の中を駆け巡る。

自然豊かなヤノフで過ごした時間

パタンパタンと織物に徹した時間

大好きなルチナさんとママにもまた会えたこと

今回も楽しく優しい方たちと巡り会えたこと

大人の遠足に出かけて美しい刺繍や織物を見せていただいたり、
可愛い出窓の村で、村で暮らすおばあちゃまにも出会えたこと

ヤノフの織り手さん全員(今は7人しかいらっしゃいません!)にもお会いできたこと

ずっと私たちを指導してくださったルチナさん
村一番のベテラン織り手のテレサさん
緻密な織りをされるルドガルダさん
村の暮らしをイキイキ織り込むアリチアさん
若手の実力派カロリナさん
芸術的な作品を織るダヌータさん
日々の生活を語るように織りで表現するベルナルダさん

ダヌータさんのご主人にキノコ狩りに連れて行ってもらったこと

ベルナルダさんのお宅でのバーベキューが美味しくて楽しかったこと
(焚き火で焼くソーセージ美味しかったー)

足を使って織るバンド織りのクライキも教えてもらったこと

月に1度開催されているポーランド最大のアンティークマーケットにも行けたこと

ペレボレ織りのイレナさんのアトリエにも行けたこと
(この織りは今のところ、織れるのはイレナさんお1人だけ!)

古都クラクフでも良き出会いがあったこと

たくさんの人との出会いと、素敵なモノや楽しいこととの出会いに感謝して
ポーランド旅も終了です。
次回はいつ行けるかなー?
来年もルチナさんにもルチナさんのママにも会いたいなーと、
帰ってすぐに次回のことを考えるのでした。

ヤノフの織物ツアーを企画してくださった
SLOWART藤田 泉さんにも感謝です❣️

LINEで送る
Pocket